about ボッチャについて

ボッチャについて

ヨーロッパ生まれの、
パラリンピック正式種目。

ヨーロッパで生まれたボッチャは、重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。

ボッチャについて

上から投げても下から投げても、あるいは蹴ってもいい。

ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競います。

ボッチャについて

投げることができなければ、
滑り台を使おう。

障がいによりボールを投げることができなくても、勾配具(ランプ)を使い、自分の意思を介助者に伝えることができれば参加できます。

ボッチャについて

すべての垣根を超えて、
どなたでもできるスポーツ。

ボッチャという競技は、老若男女、障がいのあるなしにかかわらず、すべての人が一緒に、そして競い合えるスポーツです。一般参加の大会・イベントも多数開催されています。

class ボッチャのクラス

パラリンピック等の国際大会対象クラス

障がいの程度により、下記の『BC1』~『BC4』の4つのクラスに分かれます。

BC1

車いす操作不可で
四肢・体幹に
重度の麻痺がある
脳原性疾患のみのクラス。

対 象
脳原性疾患
投 球
可(足蹴り可)
勾配具
×
アシスタント
BC1

BC2

上肢での車いす操作が
ある程度可能で
脳原性疾患のみのクラス。

対 象
脳原性疾患
投 球
勾配具
×
アシスタント
×
BC2

BC3

最も障がいの重いクラスで
競技アシスタントによる
サポートにてランプを使用。

最も障がいの重いクラスで
自己投球ができないため
競技アシスタントによる
サポートにてランプを
使用して投球する。

対 象
脳原性疾患
非脳原性疾患
投 球
不可
勾配具
アシスタント
BC3

BC4

筋ジストロフィーなど、
BC1・BC2と同等の
重度四肢機能障がいのある
選手が行うクラス。

対 象
非脳原性疾患
投 球
勾配具
×
アシスタント
×
BC4

日本独自の「オープンクラス」

障がいの程度が『BC1』~『BC4』に相当しない選手のために創設されたクラスです。

オープン座位

BC1~BC4に該当せず、
座って投球する選手。
車いすの使用の有無は
問わない。

オープン立位

オープンクラスの中でも、
立って投球が可能な選手。
片麻痺や下肢の
骨関節疾患など。

court ボッチャのコート

ボッチャの公式競技用のコート

競技は、12.5m×6mのコートで行われます。選手は2.5m×1mのスローイングボックス内でプレーをします。個人戦はボックス③④(③が赤、④が青)、ペア戦ではボックス②~⑤(②④が赤、③⑤が青)、チーム戦ではボックス①~⑥(①③⑤が赤、②④⑥が青)を使用します。

ボッチャのコート

tool ボッチャの用具

ボッチャボール
ボッチャボール
ランプ
ランプ
リリーサー
リリーサー
パドル
パドル
キャリパー
キャリパー